凶行の背景を探ると、個々の小さな心の闇があぶり出され、やがて折り重なっていく。光がない無機質な主演陣の目に、ぞっとさせられる。

愚行録スクリーンガイド

 約1年前、エリートサラリーマンの夫と美しい妻、娘の3人が自宅で刺殺される悲劇が起きる。週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は、この未解決事件を再び追い始める。一方で取材の合間、育児放棄で逮捕された妹・光子(満島ひかり)の元へ面会に訪れる。

 田中が夫婦の過去の友人、恋人らの証言を聞き出していくと、その周辺から嫉妬や損得勘定が入り交じったエピソードがわいてくる。

 証言者それぞれが「負」の思い出を語っていくと、やがて思わぬ交錯が生じる。満島の終始淡々とした口調が物語全体に狂気をにじませる。

 原作は貫井徳郎の同名小説。ほの暗い貫井ワールドの再現と謎の回収が見応えあり。(学芸部・松田興平)

◇シネマQで上映中