プロ野球、広島東洋カープの25年ぶりのセ・リーグ優勝を祝うパレード(主催・同実行委員会)が25日、沖縄市のコザゲート通りで開かれる。パレードに合わせ、地元の商店街や酒造メーカーでは、「商品券付きTシャツ」や記念泡盛ボトルの販売を計画しており、関係者は「多くの人に足を運んでもらい、商店街や特産品の魅力も満喫してほしい」と意気込んでいる。

優勝パレードを盛り上げようと「商品券付き応援Tシャツ」の販売をPRするゲート通り会のメンバー=沖縄タイムス中部支社

新里酒造が限定販売する「広島東洋カープ泡盛応援ボトル」をPRする(右から)新里代表、桑江朝千夫市長、カープ沖縄協力会の宮里敏行会長

優勝パレードを盛り上げようと「商品券付き応援Tシャツ」の販売をPRするゲート通り会のメンバー=沖縄タイムス中部支社 新里酒造が限定販売する「広島東洋カープ泡盛応援ボトル」をPRする(右から)新里代表、桑江朝千夫市長、カープ沖縄協力会の宮里敏行会長

 「カープの赤でゲート通りを埋め尽くせ!」

 優勝パレードで沖縄市を訪れるファンに商店街の良さを知ってもらおうと、コザゲート通り会(長嶺将信会長)は25日午後1時から、パレード会場のゲート通りで「商品券付き広島東洋カープ応援Tシャツ」を販売する。

 応援Tシャツと商品券(500円×2枚)のセットを千円(税込み)で販売。限定150セットを用意する。商品券はゲート通り付近の飲食店など、50店舗で利用でき、期間は25日からキャンプ最終日の3月1日まで。通り会の長嶺会長や上原政信副会長、安川祐也さんらは「この機会に商店街を見て回って沖縄市を楽しんでほしい」とPRした。

 リキュールは『カープ女子』にお勧め

 新里酒造(沖縄市、新里建二代表)はリーグ制覇を記念した「泡盛応援ボトル」を25日、パレード会場のゲート通りの特設ショップで販売する。

 マスコットキャラクター「カープ坊や」をあしらったラベルが特徴の「ちばりよー広島カープ泡盛応援ボトル」(琉球クラシック25度、3年古酒、720ミリリットル)は限定750本を用意。価格は2千円(税別)。「泡盛リキュール応援ボトル」は2種類(12度、500ミリリットル)を限定550セットで販売する。2800円(税別)。

 新里代表は「リキュールは『カープ女子』にお勧め」とPRしている。

 26・27日は、コザしんきんスタジアム内の特設ショップでも販売する。