沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖では24日午前、沖縄防衛局の作業船が9時すぎから正午前にかけてコンクリートブロック計6個を海中に投下した。

海中にブロックを投入する作業船=24日午前11時ごろ、名護市辺野古沖

 工事車両用のゲート前では午前9時ごろ、座り込んで抗議する約60人の市民を機動隊が抱きかかえるなどして排除。鉄筋などを載せたダンプとトラック計7台が基地に入った。その7台が基地から出る正午前には約30人の市民を機動隊が再び強制的に排除した。