沖縄県内市町村の観光協会などに登録し、修学旅行生を受け入れている1196の民泊施設のうち、33・9%に当たる406施設が旅館業の許可を取っていなかったことが24日、県が初めて実施した民泊の実態調査で分かった。