首都圏の沖縄料理店での沖縄情報の発信を続けている「東京 島のわ通信」が、久米島の観光と食をテーマに「久米島キャンペーン」を展開している。参加している50店舗に、久米島の観光スポットを紹介するパンフレットやポスターを置き、うち8店では久米島の食材を使い各店のオリジナルメニューを作って提供している。来場者に見て、食べてもらって久米島の認知度を高める。28日まで。

「久米島キャンペーン」で提供されている車エビと島野菜サラダ(島のわ通信提供)

「久米島キャンペーン」で提供されている赤鶏ささみの梅しそたたき(島のわ通信提供)

「久米島キャンペーン」で提供されている車エビと島野菜サラダ(島のわ通信提供) 「久米島キャンペーン」で提供されている赤鶏ささみの梅しそたたき(島のわ通信提供)

 キャンペーンは6日から始まっており、創作料理も好評という。同通信実行委員会総合プロデューサーの増山徹さんは「各店舗とも好調で、メニュー開発した店からは次回開催を望む声も出ている」と話した。

 料理を提供しているのは、「沖縄料理 琉の介」「神田基地TOKYO」「ちゃんぷるぅ家」「遊食家ゆがふ」「島たいむ がんじゅう」「あしびなー桜ヶ丘店」(以上、都内)、「沖縄料理 結結」(さいたま市)、「ちゅらり横浜店」(横浜市)。車エビや久米島みそ、久米島赤鶏などの食材を使って、料理を創作している。料理を食べた客には、沖縄旅行や久米島の特産品が当たるアンケートも実施している。