2017年(平成29年) 11月20日

大弦小弦

[大弦小弦]この商品は、おひとりさま用喫煙所と呼ぶべきか…

 この商品は、おひとりさま用喫煙所と呼ぶべきか。電話ボックスのような形。煙は中で浄化されて循環し、外には漏れない。事務所内に置けば分煙ができる

▼唯一、扉が透明なのがいけない。喫煙者がさらし者に見える。もっとも開発者はそれを売りにしているようで「気まずさが増し、喫煙時間の減少も期待できる」。喫煙者への風当たりを象徴しているようだ

▼東京五輪を控え、厚生労働省が居酒屋にも禁煙を義務付ける方針を決めた。違反には罰則も用意する。自民党の一部や飲食業界は反発するが、受動喫煙対策を優先した

▼子どもをはじめ、望まない人にたばこの煙を吸わせて健康を害するのは許されない。かつて喫煙していた身でも理解できる。だから空港、病院、学校など、嫌でも行く公共空間の禁煙や分煙は必要だと思う

▼居酒屋は民間の商売である。店の雰囲気やメニューと同じように、禁煙かどうかは店と客の選択に任せてはどうだろう。現に禁煙の店は増えている。私的な選択にまで国の介入を許せば、いずれ家庭内にも踏み込まれるのではないか

▼ジャーナリストの斎藤貴男さんはたばこ嫌いなのに「次は飲酒の自由、言論の自由と発展し“害悪”の名の下に奪われてしまうかもしれない」と、「禁煙ファシズム」に反対している。五輪はヒトラーにも利用された。(阿部岳)

ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
阿部 岳
朝日新聞出版 (2017-08-21)
売り上げランキング: 5,370

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス