名護市辺野古の新基地建設工事で、沖縄防衛局は27日午前9~11時、米軍キャンプ・シュワブ沖に4個のコンクリートブロックを沈めた。海上工事の監視をしている市民らによると、投下予定のブロック228個のうち、これまでに約半数が沈められたとみられる。

新基地建設に反対する市民らの横を通り、米軍キャンプ・シュワブ内に入る工事車両=27日午前、名護市辺野古

 また、キャンプ・シュワブゲート前では午前8時ごろから約60人が集まり「新基地建設を許さない」などと声を上げ、工事に抗議した。午前9時前、機動隊がゲート前から市民らを強制排除。直後に工事機材を載せた車両が複数台、基地内に入った。