那覇空港第2滑走路の増設工事で県の岩礁破砕許可が切れていることに関し、宮城理土木建築部長は27日午前の県議会2月定例会で、「現時点ではおおむね計画に沿って進んでいる」と述べ、2020年春の供用開始のスケジュールに遅れは出ないとの見通しを示した。「岩礁破砕を伴わない陸上部分の工事に注力している」と説明した。

那覇空港(資料写真)

 島尻勝広農林水産部長は、岩礁破砕許可申請手続きで沖縄総合事務局が2月8日に再度提出した補正書が不十分だとして、県が17日に再度補正を要求したことを明らかにした。提出期限は3月3日としている。いずれも島袋大氏(沖縄・自民)の質問に答えた。