岸田文雄外相は26日の翁長雄志知事との会談で、政府と県の最大の懸案事項となっている名護市辺野古の新基地建設問題に言及しなかった。岸田氏は「時間の制限」を理由に挙げるが、県内では初めてとなった知事との会談で問題の本質を語らない姿勢に、沖縄政策への取り組みの本気度を問う声も出る。