2017年(平成29年) 12月17日

沖縄空手

ニュージーランド空手選手団、東京五輪直前に沖縄キャンプ実施へ

 ニュージーランドの空手代表チームが2020年東京五輪の直前キャンプを沖縄県内で行う。県、沖縄市と3者で3月6日、県庁内で協定を締結する。県が県内20市町村と「沖縄2020事前キャンプ等誘致推進委員会」を立ち上げた昨年8月以降、五輪代表チームの県内キャンプが決まったのは初めて。

 ニュージーランドの代表チームは、東京入りの直前に沖縄市武道館を拠点に合宿を行う。五輪の前年にも事前キャンプを検討している。参加人数は五輪の出場枠によって変動するため未確定だが、代表選手の中に沖縄市に住んだことがあるニナ・エドガー選手がいることから、豊見城市の沖縄空手会館ではなく沖縄市を選んだという。

 県は3月4日に開催する空手会館の落成式にニュージーランド空手道連盟のデニス・メイ会長を招待している。選手6人を含む代表チームは同月1日に沖縄入りし、沖縄市内を視察するほか、那覇市泊のとまり会館や空手会館で劉衛流の空手家と合同稽古を行う予定。

【全沖縄少年少女空手2017】輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、本紙が取材した大会の写真219枚をご覧いただけます。紙面に載らなかった写真も多数! 輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

 >> https://okinawa.epitas.com/

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄空手のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間