日本航空(JAL)が28日、那覇空港国内線ビル内にあるサクララウンジをリニューアルオープンする。面積を従来比20%増、座席数は7席増の85席にし、ゆったりとした空間を演出した。ラウンジの本格リニューアルは1999年の設置以来初めて。

ミンサー織の糸をあしらったJALの那覇空港国内線サクララウンジ=27日、那覇空港国内線ビル2階

 ラウンジはJALグローバル会員専用の無料スペース。ファーストクラスの搭乗者とJMBダイヤモンド会員、JGCプレミア会員が使える専用の保安検査場を設け、一般保安検査場に並ばなくてもいいようにした。オムツ交換台付きで車いす対応もできる多目的トイレ、喫煙ブース、携帯電話ブースを新設した。

 内装は「日本のたたずまい」をテーマにインテリアデザイナーの小坂竜氏が手掛けた。ミンサー織の糸や読谷のやちむん、琉球石灰岩のほか、竹ひごのランプシェードや木目調の壁を取り入れた。営業時間は午前6時10分から最終便の出発時刻まで。