東京MXテレビは27日、東村高江周辺のヘリパッド建設反対運動について事実と異なる放送をした番組「ニュース女子」について、問題はないとの見解を初めて示した。「捏造(ねつぞう)、虚偽があったとは認められず、放送法と放送基準に沿った内容」との文書をウェブサイト上で発表した。

 見解は「一部報道機関において本番組が沖縄ヘイトである、人権侵害であるなど、内容や事実、放送した意図と大きくかけ離れた報道がなされている」と批判した。

 「過激な活動家に焦点を当てるあまり、適法に活動されている方々に関して誤解を生じさせる余地があった」点については「遺憾」を表明した。持ち込み番組をチェックする考査体制の再検討や、追加取材して数カ月後に番組を放送することも明らかにした。

 番組を制作した化粧品会社ディーエイチシーの子会社DHCシアターも、先に「基地反対派の言い分を聞く必要はない」などと内容を正当化する見解を発表している。