日本女子ゴルフツアー開幕戦、第30回ダイキンオーキッドレディストーナメント(主催・ダイキン工業、琉球放送)が2日、南城市の琉球GC(6617ヤード、パー72)で開幕する。大会を2日後に控えた28日、6年ぶりに出場する宮里藍らが会場で練習ラウンドを回った。那覇市内のホテルで前夜祭があり、選手たちが健闘を誓い合った。

健闘を誓う(後列右4人目から)上原彩子、宮里藍、諸見里しのぶ、宮里美香ら県勢選手=ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

第30回ダイキンオーキッドレディストーナメント 第1日スタート表

健闘を誓う(後列右4人目から)上原彩子、宮里藍、諸見里しのぶ、宮里美香ら県勢選手=ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 第30回ダイキンオーキッドレディストーナメント 第1日スタート表

 1日目の組み合わせが発表され、宮里藍と諸見里しのぶ、5年連続のベストアマを狙う新垣比菜(興南高)がアウトスタート最終組で午前11時3分にスタートする。

 大会3連覇を狙うテレサ・ルー(台湾)は、昨季賞金ランキングで日本勢トップの3位に入った笠りつ子と同組。2年連続賞金女王のイ・ボミ(韓国)は昨年の日本女子オープンで史上最年少優勝を果たした18歳の畑岡奈紗と同じ組で回る。イ・ボミは記者会見で、今季は3年連続のタイトルだけでなく「平均ストロークで頑張りたい。60台は今まで日本ツアーで出たことがないので」と話した。

 大会は2~5日の4日間。総勢108人が出場し、2日目終了時の上位50人までが決勝ラウンドに進む。県勢は宮里藍をはじめ、諸見里しのぶ、上原彩子、宮里美香らプロ9人、アマチュア5人の計14人が参戦。賞金総額は1億2千万円、優勝賞金は2160万円。