女子プロゴルフの日本ツアー開幕戦、第30回ダイキンオーキッドレディストーナメント(主催・ダイキン工業、琉球放送)が2日、南城市の琉球GC(6617ヤード、パー72)で開幕した。午前8時半、インスタート1組目の香妻琴乃、森田遥らがティーオフ。19年連続出場の上原彩子、大城さつき、川満陽香理ら県勢もスタートした。会場にはプロのショットを見ようと、朝早くから多くの観客が詰め掛けた。

1番でティーショットを放つ上原彩子=2日午前8時すぎ、琉球GC

 大会は5日までの4日間。6年ぶり出場となる宮里藍、2年連続賞金女王のイ・ボミ(韓国)ら108人(アマチュア5人含む)が出場する。