作家で国家の暴力性を問い続ける北原みのりさんと、ジャーナリストの山城紀子さんのトークショー「性と国家」が3月19日午後2時から、県男女共同参画センターてぃるるで開かれます。戦前の「産めよ増やせよ」政策から現代の少子化対策まで、私たちの性は常に国家の関与を受けてきています。そうした性と国家の関係が、過去に個人の生き方にどんな影響を及ぼしたのか?これから未来を生きる私たちにどう影響していくのかを考える講演会です。性の問題について取材し発信し続けるお2人を招き、会場も交えてざっくばらんに語り合っていきたいと思います。

作家の北原みのりさん(左)とジャーナリストの山城紀子さん

会場地図

作家の北原みのりさん(左)とジャーナリストの山城紀子さん 会場地図


 入場料は前売り大人千円、学生500円(高校生以下無料)。当日は各200円増。チケット販売の問い合わせは沖縄タイムス、電話098(860)3000(平日午前9時~午後5時)。トークショーについての問い合わせは、メールseitokokka.okinawa@gmail.com

 プロフィル 

 北原みのり 1970年神奈川県生まれ。作家。96年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」設立。著書に「毒婦。」「奥様は愛国」「性と国家」など多数

 山城紀子 1949年那覇市生まれ。ジャーナリスト。元沖縄タイムス記者。早稲田大学ジャーナリズム研究所招聘研究員。著書に「女性記者の眼」「心病んでも」「沖縄社会を拓く女性たち」など多数