JAおきなわ(大城勉理事長)は農作業の繁忙期の労働力を確保するため、JAふらの(北海道)、JAにしうわ(愛媛県)と連携し、季節労働のアルバイトをリレー方式であっせんする事業を始めた。アルバイトが繁忙期に合わせて沖縄から北海道、愛媛と渡り、各地で農作業に従事するイメージで、農作業経験がある人材を共有し、安定的な人材確保や生産につなげる。

 アルバイトはJAおきなわで12月中旬から翌年3月までサトウキビの収獲や製糖作業に当たる。

 その後、JAふらので4~10月、メロンの品質管理や、スイカやトマトの畑への植え付け、収穫を担当する。11~12月はJAにしうわでミカンの収穫や選果場での選別作業を行う。

 全国のJAでも人手不足が深刻化。従来も愛媛県でミカンの農作業に従事した後、沖縄へ渡って製糖業に従事する人はいたという。

 昨年12月、愛媛県で3JAの関係者が集まる機会があり、互いにあっせんし合うことが決まった。

 JAおきなわのさとうきび農産部によると、毎年の製糖期には県内の工場全体で計250人程度のアルバイトが必要になるが、年々、目標に達するまでに時間がかかるようになっている。

 同部の担当者は「製糖工場の機械が扱えるなど、経験者が毎年来てくれるようになるとありがたい」と話す。

 連携JAを広げることも検討中。「北海道にはテンサイの製糖工場があり、そこで働いた人は沖縄の製糖工場でも働けるのではないか。来年の製糖期に向け、いろんな方法で人材を確保したい」と説明した。