マンボウの一種で県内で採取例が少ないクサビフグが2月15日、沖縄県名護市市港の海岸で見つかった。市の城所駿介さん(13)ら中学生2人が浅瀬にいるのを発見。沖縄美ら島財団によると、これまで県内で数件採取例はあるが、珍しい魚だという。

名護市港の海岸で発見されたクサビフグ=2月15日(提供)

発見したクサビフグを持つ城所駿介君=2月15日、名護市港(提供)

名護市港の海岸で発見されたクサビフグ=2月15日(提供) 発見したクサビフグを持つ城所駿介君=2月15日、名護市港(提供)

 名護博物館によると、クサビフグはフグ目マンボウ科の海水魚で、くさびのような形が特徴。熱帯の外洋に生息するが、生態はほとんど分かっていないという。

 同日午後1時半ごろ、城所さんの友人の女子中学生(14)が浜辺を散歩中、浅瀬で弱ってバタバタと泳ぐクサビフグを見つけたという。近くにいた城所さんが駆け付け、名護博物館に連絡した。発見された個体は体長約60センチ、重さ約6キロ。博物館職員が現場に着いた時にはすでに死んでおり、博物館が引き取って冷凍保存している。

 城所さんは「珍しい魚と聞いてびっくりした。保存して、役に立ててほしい」と話した。名護博物館の村田尚史学芸員は「市内で発見されたのは初めて。国内でも標本が少ないので、学術的に活用できないか検討したい」と説明した。