沖縄タイムス+プラス プレミアム

普天間飛行場の文化財調査、足止め続く 日米環境補足協定の影響…本土司令部に許可権も一因か【深掘り】

2017年3月6日 10:34

 日米両政府が2015年に環境補足協定を締結した影響で、県が普天間飛行場で埋蔵文化財を調査できない状況が続いている。協定が基地返還の約7カ月前から日本側の立ち入りを認める一方で、飛行場の返還日が決まっていないことが主な要因だ。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS