名護市辺野古の新基地建設に反対する市民ら約30人が6日午前、工事車両の搬入を阻止しようと米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込んだ。午前9時と同11時35分、機動隊員約50人が市民らを強制排除。重機や資材を積んだ大型車両計13台が基地内に入った。

座り込んで抗議する市民を強制排除する機動隊=6日午前11時47分、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 一方、沖縄防衛局による海上工事は午前11時半現在、確認されていない。