沖縄空手会館(豊見城市・豊見城城址公園跡地)が4日、開館した。空手が2020年東京五輪の追加種目になり注目が集まる中、県は発祥の地・沖縄を国内外に発信する拠点として活用する。落成記念式典で翁長雄志知事は「県民や国内外の空手関係者が待ち望んだ施設。沖縄空手の神髄を学ぶ拠点として、世界の空手の発展に貢献できることを期待する」と語った。

奉納演武を披露した県指定無形文化財「沖縄の空手・古武術」保持者=4日午前、豊見城市・沖縄空手会館(下地広也撮影)

大勢の参列者が見守る中、沖縄空手会館の開館を祝いテープカットする関係者(金城健太撮影)

奉納演武を披露した県指定無形文化財「沖縄の空手・古武術」保持者=4日午前、豊見城市・沖縄空手会館(下地広也撮影) 大勢の参列者が見守る中、沖縄空手会館の開館を祝いテープカットする関係者(金城健太撮影)

 県内の道場主や空手団体、県外・海外の招待客ら約700人が開館を祝った。鶴保庸介沖縄担当相も出席した。沖縄伝統空手道振興会の喜友名朝孝理事長は「沖縄が空手の聖地であることを示し、世界の愛好家が『一度行ってみたい』『演武してみたい』と思う施設になった。五輪種目となり世界が注目する今こそ、沖縄伝統空手の精神性や独自の技法を発信したい」と意気込みを語った。

 全日本空手道連盟の栗原茂夫副会長が笹川堯会長のあいさつを代読。「空手は東京五輪で最も金メダルが期待される種目として注目されている。世界で1億人いる愛好家にとって一度は訪れたい聖地が沖縄。歴史の展示施設や鍛錬室もあり、未経験者や観光客が楽しめる画期的な施設」と称賛した。

 式典に先立ち、赤瓦の特別道場で県無形文化財保持者の上原武信、比知屋義夫、東恩納盛男、仲本政博の4氏による奉納演武が行われた。保持者で「沖縄の空手・古武術」保存会の友寄隆宏会長は「流派を超え、沖縄の空手が一つになり感無量。技が身につくほどこうべを垂れるのが沖縄の空手道。世界中の愛好家に来ていただき、謙虚な心に触れてほしい」とした。

 会館は、競技コート4面や鍛錬室を備える道場施設、奉納演武などを行う特別道場、歴史を紹介する展示施設の3棟で構成。事業費は約65億円。敷地面積は3・8ヘクタール、延べ床面積は7810平方メートル。

 5日は午前9時~午後6時、一般に公開する。県庁から会場までシャトルバスが出る。