沖縄空手会館が開館した4日午前、会館近くの空き地で米国製5インチ艦砲弾1発が見つかり、陸上自衛隊第15旅団の不発弾処理隊が回収した。避難誘導などはなく、会館の落成記念式典に影響はなかった。

不発弾を手に持ち、回収する自衛隊員ら=4日午後1時8分ごろ、豊見城市・沖縄空手会館前

 豊見城署などによると、不発弾は直径15センチ、長さ45センチ。午前11時40分ごろ、目撃者から110番通報を受け、署員が空き地への立ち入りを規制した。現場は、空手会館の駐車場入り口から約50メートル離れた空き地。