グルメ情報誌ちゅらグルメを発行するパムローカルメディア(那覇市、長嶺由成社長)がこのほど、飲食店の割引クーポンを集めた「ランチマップ」にFC琉球の無料観戦チケットを付けて発売した。1人2回まで無料観戦できる。行ったことのないお店と試合観戦をセットでお得に楽しんでもらう狙い。

観戦チケット付きのランチマップをPRする(左からFC琉球の新里朋子さん、ランチマップ編集長の保久盛長真さん、FC琉球の金鍾成監督=6日、那覇市の沖縄タイムス社

 FC琉球は、18日のホーム開幕戦から7月まで計8試合を予定している。試合会場は沖縄市の県総合運動公園。ランチマップを当日会場ブースで提示すると、自由席で無料観戦できる。

 ランチマップは県内5エリアに分けて計約370店舗を紹介、1冊1千円(税込み)。1冊で1人が利用でき、掲載店舗の700円以上の対象メニューをすべて500円で楽しめる。有効期限は6月30日まで。

 FC琉球の金鍾成監督は「まずは試合を見てほしい。ランチマップをきっかけにコアなファンになってもらえたらうれしい」と話している。問い合わせはパムローカルメディア、電話098(860)9401。