【名護】名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは9日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前で座り込みを続けた。午前中は最大約150人が集まった。

機動隊が市民を囲い込む中、米軍キャンプ・シュワブ内に入る工事関係車両=9日午前9時、名護市辺野古

 午前9時前、機動隊が市民らを排除しようとしたところ、市民側が「きょうは高校入試。渋滞が起きないように」とゲート前から退いたが、機動隊がゲートの左右で市民を囲い込んだ。クレーン車や資材を積んだトラックなど工事関係車両18台がシュワブ内に入った。

 辺野古沖では午前11時半までに、大型作業船がコンクリートブロック2個を海中に投下した。