子どもの貧困解消に何が必要か。施策は十分か。第6部は識者に現状と課題、提言を聞く。初回は国が「プラットフォーム」と位置付ける学校のあり方について、大阪の市立小学校で貧困の子も病気の子も障がいがある子も教師も地域住民も共に学ぶ「みんなの学校」をつくった元校長、木村泰子さんに語ってもらった。