県内の子どもの貧困対策を財源別に分けると(1)県の30億円基金による6年計画の事業(2)県民運動として設立された「沖縄子どもの未来県民会議」に集まる寄付金による事業(3)県などが一括交付金を活用する小中高生への学習支援(4)内閣府による10億円の緊急対策事業-などがある。