今帰仁海岸の淡水と海水が入り交じる河口付近は多くの魚が密集する場所。世界釣輪沖縄の安仁屋浩貴さんが毎シーズン釣果を上げているのは、水深2メートルで砂地に根岩が点在するエリア。ドングリタイプのウキ、1・5号ハリスを海底にハワせると潮流が緩やかになるタイミングで高確率でチヌの反応が出るという。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。