りんけんバンドなど沖縄音楽のエンターテインメントを運営するアジマァ(北谷町、照屋林賢社長)が11月、沖縄県北谷町美浜のライブハウス「okinawan music カラハーイ」を「リンケンズホテル」として新築開業する。同社としては初めてのホテル運営で、これまで観光客や修学旅行生を受け入れてきたカラハーイは建物内でリニューアルオープンする。

「リンケンズホテル」の完成イメージ(アジマァ提供)

 ホテルは3階建てで延べ床面積は約2千平方メートル。レストランも併設する。全24室で、1部屋当たり2~6人が泊まれる。ビーチに直接出られる客室も設ける予定で、価格は1部屋当たり平均3万~5万円で検討中。1階のカラハーイはスタンディング形式なら約200人まで受け入れ可能で、従来通り「ティンクティンク」やりんけんバンドが出演する。3階にはプロ仕様のレコーディングスタジオをつくる。

 照屋氏は「自社所有の物件だからこそライブハウスの内装にもこだわれる。食事の傍らで聴くライブではなく、音楽そのものとして評価してもらえる沖縄のエンターテインメントを発信することでアーティストとスタッフを育てたい」と話している。