琉球放送(RBC)は「琉球歴史ドラマ 尚巴志」を15、22、29の3日間、それぞれ午後9時から放送する。脚本・撮影・監督は土田豪介。三山を統一し、琉球王国の礎を築いた尚巴志の活躍を史実に基づいて描く。

「琉球歴史ドラマ 尚巴志」で尚巴志を演じる金城大和=那覇市・琉球放送

 尚巴志を演じる県出身俳優の金城大和は「撮影は駆け抜けたというか、やりきったと思います。楽しかった」と振り返った。「合戦のシーンが大がかり。エキストラの皆さんもたくさん参加してくれて、骨太な絵になっていると思う」と話した。

 那覇市出身で、東京を拠点にテレビや舞台に出演している金城。尚巴志については「あまり知らないというか、三山を統一した人というイメージくらいしかなかった」という。しかし、「沖縄で歴史ドラマをつくるという試みが面白そう」とオーディションを受け、主役を射止めた。撮影に入る前に監督から「持っているものに賭けたい」との熱い言葉をかけられたという。刀の扱いなど基本から練習を重ねた。「全力でやったので、全部が見どころです」

 「作品を見て、この時代はこういう人たちが生きていたと思ったら、この後はどうなったんだろう、最近はどうなんだろうと、沖縄を知るきっかけになればいい」と話した。