沖縄県議会の米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)は14日午前、キャンプ・ハンセンで起きた米軍によるつり下げ訓練中のタイヤ落下事故に抗議する意見書、抗議決議の両案を本会議に提案することを全会一致で決定した。民間地域上空でのつり下げ訓練を行わないことなどを求めている。

訓練場内の茂みの中で、落下したタイヤを探す米軍関係者ら(資料写真)

 本会議の日程は15日以降の議会運営委員会で協議する。可決されれば県内の日米の関係機関に直接要請、抗議する。