■連載「検証 外国人留学生ネパール現地報告」(1) ネパールの古都、パタンの朝は冷える。2月は乾期に当たり、気温は10度を下回る。「私が戻る前に、トイレの汚れを落としておくように」。午前5時半、宿の階段を清掃する男性を見下ろし、階上から宿泊客の日本人女性が強い口調で言い放った。