拓南製鐵(那覇市)の会長で、県工業連合会の会長などを歴任した古波津清昇氏が14日、死去した。94歳だった。告別式は17日午後2時から3時半、那覇市松山1の9の1の大典寺で。喪主は長男で同社社長の昇さん。

古波津清昇氏

 古波津氏は、1953年に拓南商事、56年には拓南製鐵を創業し、沖縄初の電気炉を導入。72年に県JIS協会の初代会長に就任。83年から89年まで、県工業連合会の会長を務めた。

 会長在任中、任意団体だった工連を社団法人化。県産品マークを設定、県産品奨励の機運を高めた。ハワイで「那覇の物産と観光展」を開催したほか、中国琉球館の設置を提案した。

 人材育成にも尽力し、なは市少年少女発明クラブの創設をはじめ、古波津製造業育成基金も設け、製造業の起業や技術開発・向上をバックアップした。