写真家の島崎ろでぃーさん(44)は昨年、逮捕と21日間の拘束を経験した。東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設反対運動を取材中、沖縄防衛局職員にけがをさせたという容疑。「職員に触ってさえいない」との主張を貫き、不起訴になった。写真家が現場にいたことで逮捕される時代。表現の自由は深刻な危機にある。