IC乗車券や電子マネーとして使えるJR九州のカード「SUGOCA(スゴカ)」の沖縄地区限定デザインが17日、販売を終える。販売場所となっていた那覇市壺川のJR九州沖縄支店が同日で営業を終えるため。SUGOCAが使える沖縄県内のスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどでは、チャージすれば引き続き利用できる。

17日で販売終了となる沖縄地区限定デザインの「SUGOCA」

 SUGOCAの沖縄地区限定デザインは紅型模様で、SUGOCAのイメージキャラクター「カエルくん」「時計くん」「シーサーくん」があしらわれている。3月中旬現在の累計販売枚数は約2万2千枚。

 沖縄支店は1988年にオープン。JR旅券の販売などを行ってきたが、インターネット予約が増えたために売り上げが減少し、ことし3月末で閉鎖することが決まった。昨年4~12月の来店人数は、提携する旅行会社の関係者を含め1日平均20人弱だった。

 問い合わせは沖縄支店、電話098(833)6750(午前10時~午後5時)。