2016年度県観光推進本部(会長・翁長雄志知事)が16日、沖縄県庁であり、21年度までに入域観光客数1200万人(クルーズ船の乗務員を含む)、観光収入1兆1千億円を目指し、これまで掲げていた1千万人、1兆円の目標を上方修正することを決めた。