水産庁が知事の変更免許を受けなくても漁業権は消滅するとの全く新しい法解釈を打ち出したことに、沖縄県の翁長雄志知事は16日の会見で強く反発した。名護市辺野古の新基地建設工事を止める知事権限の中でも有力視されてきた岩礁破砕許可を「骨抜き」にされた形で、知事は法廷闘争を含め、徹底抗戦する姿勢をみせた。