米軍基地建設への反対運動中に逮捕・起訴された沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)=威力業務妨害罪などで公判中=について、福岡高裁那覇支部は18日午後、保釈決定を不服とした那覇地検の抗告(不服申し立て)を棄却した。保釈が認められ、同日中に拘置所から出る見通し。

山城博治議長(資料写真)

 弁護側は、保釈保証金を那覇地裁に納付する準備を進めており、手続きが完了後、同日午後7時半すぎに那覇拘置支所を出るとしている。

 那覇地裁は17日夜に、公務執行妨害と傷害の罪での保釈を認めていた。威力業務妨害罪での保釈は既に認められている。