沖縄県内最大の美術・工芸公募展「第69回沖展」(主催・沖縄タイムス社、協力・浦添市、浦添市教育委員会、協賛・オリオンビール、沖縄教育出版、沖縄食糧、大川、かりゆし、光文堂コミュニケーションズ)が18日、浦添市民体育館で開幕した。4月2日まで。

沖展初日、楽しそうに作品を鑑賞する来場者=18日、浦添市民体育館(喜屋武綾菜撮影)

 絵画、版画、彫刻、グラフィックデザイン、書芸、写真、工芸(陶芸、漆芸、染色、織物、ガラス、木工芸)の7部門12ジャンルの作品を展示。多くの人が会場に訪れ、入賞・入選作や会員、準会員による計810点の力作を鑑賞した。

 体育館入り口で行われた開会式には、沖展会員や松本哲治浦添市長、協賛各社の関係者らが参列し、開幕を祝った。沖縄タイムス社の豊平良孝社長は「沖展は沖縄の戦後文化復興の象徴だが、世代交代し、若い人の台頭で発展させていきたい」とあいさつ。松本市長は「躍動感ある作品が来場者の心を豊かにすることを願っている」と期待した。

 今回は初めて、来場者が好きな作品に投票する参加企画「沖展みんなの1点賞」(企画協力・日本トランスオーシャン航空)を行う。19日午後4時半から浦添市てだこホールで表彰式や合同祝賀会がある。