学童軟式野球の第127回沖縄県大会兼第37回全日本大会マクドナルドトーナメント県予選(主催・県野球連盟、琉球放送、共催・沖縄タイムス社)が18日、開幕した。宜野湾市立球場で開会式が行われ、選手宣誓で沢岻ロケットの新垣光彩(ひいろ)主将が「野球ができる喜びを、さまざまな人に感謝し、一戦一戦全力で戦う」と力強く誓った。

選手宣誓する沢岻ロケットの新垣光彩主将=宜野湾球場

 初日は1回戦があり、名護すいらんマーリンズ、金城クラブ、宮里マックス、東風平星などが2回戦へ進んだ。

 ▽1回戦 名護すいらんマーリンズ5-4志真志ドリームス、金城ク11-1なかさと(五回コールド)、宮里マックス4-2嘉数ジュニアベースボール、東風平星4-2大浜ベアーズ、読谷エルベス少年野球ク2-1漢那イーグルス、宮城ドリームズ9-2佐敷少年ファイターズ(六回コールド)、真喜良サンウェーブ野球部12-4中城ドラゴンズ(五回コールド)、北玉ライオンズ10-2識名ブルーファイターズ、宜野湾ベースボールキッズ7-0山田ジュニアク(六回コールド)、大里シャークス7-0比屋根タイガース(五回コールド)、開南7-0上野オリオンズ(五回コールド)、少年大和8-2西原バックス、ミラクルキッズ6-4沢岻ロケット、新城エンジェルス8-1城岳中央ブレーブス(六回コールド)、宜保ウイングス4-1西崎アングル、志林川ファイターズ8-0名座喜少年野球(五回コールド)