高校野球の第64回県春季大会が20日、開幕した。北谷球場を主会場に、59チームが夏のシード権と九州大会出場を懸けて熱戦を繰り広げる。

選手宣誓をする浦添商業の譜久原広一郎主将=20日午前、北谷球場

 同球場で開会式が行われ、浦添商業の譜久原広一郎主将が「昨日の自分を超える戦いに挑戦してこられたのは、『夢』があったから。その夢の名は『甲子園』。支えてくれる人への感謝の気持ちを前面に出し、フレンドシップ、ファイトの精神で熱く堂々とプレーする」と誓った。

 初日は北谷球場のほか、沖縄セルラースタジアム那覇で1回戦4試合が行われる。開幕戦の宮古総実―北山は午前10時半開始予定。決勝は4月2日午後1時から北谷球場で開始予定。