【南城】全国初となる公道を使用したバスの自動運転実証実験が20日午前11時20分ごろ、南城市知念安座真のあざまサンサンビーチを発着点に周辺市道で始まった。運転手がハンドルに触れずに小型バスが走る様子に、出発式の参加者から驚きの声がわいた。

全国初となるバス自動運転実証実験が、南城市のあざまサンサンビーチを発着点に周辺市道で始まった=20日午前11時20分ごろ

 実験では、車いす利用者や高齢者が乗り降りしやすいよう、バス停にきちんと横付けできるかなどを確認。走行距離は2・4キロで、4月2日まで1日数回程度行う。

 バスの自動運転実験は、路線バスがない、または少ない地域への導入など、公共交通への活用が期待されている。