政府は21日、犯罪の計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を変えて、「テロ等準備罪」を新設する「組織犯罪処罰法改正案」を閣議決定する。政府は「国際組織犯罪防止条約に加わるために必要」とするが、識者らは「反基地運動対策だ」「監視や密告が広がる」などと批判を強めている。