名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で21日午前、新基地建設に反対する市民約40人が「辺野古を守れ」などと抗議した。

米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議集会を開く市民ら=21日午前、名護市辺野古

 同所では午前9時ごろ、ゲート前で座り込む市民を機動隊が強制排除し、生コン車4台含む工事車両約25台が車列を組んで基地内へ入った。午前11時現在、同所では集会が再開している。

 一方、シュワブ沖では貨物船に積まれた汚濁防止膜を台船に移す様子がみられた。