まさひろ酒造(沖縄県糸満市、新城満社長)が25、26の両日、同社の敷地内で第2回蔵祭りを開く。時間は午前10時~午後6時で入場無料。糸満漁港に臨時駐車場を設け、同社まで無料シャトルバスを運行する。

蔵祭りへの来場を呼び掛ける(左から)まさひろ酒造の祖慶かおりさん、新城満社長、棚原真千子さん=21日、那覇市の沖縄タイムス社

 会場では500円で古酒が飲み放題。油分を残して濃厚な味わいに仕上げた7年古酒「粗濾過あらろか」(720ミリリットルで税込み3500円)を500本限定で販売する。人気商品を詰めた福袋は計200袋販売する。買い物金額2千円ごとに、5升かめやホテルペア宿泊券が当たる抽選会を実施する。

 ほかに、「しゃかり」のライブ、工場見学、酒がめづくりの実演、社員や地域団体が頭に一升瓶を乗せる「瓶踊り」の披露もある。新城社長は「社員は朝のラジオ体操代わりに瓶踊りをしていて、一日で一番いい笑顔になる。これから全国に広めたいと思っている踊りです」と祭りへの来場を呼び掛けている。

 問い合わせは同社、電話098(994)8080。