沖縄県教育委員会は21日、2017年度県立高校2次募集の最終志願状況を発表した。全日制・定時制合わせて1990人の定員に対し、1207人が志願。倍率は0・61倍だった。志願者の内訳は全日制1083人、定時制124人。倍率は全日制0・65倍、定時制0・37倍となった。

 最も倍率が高いのは、那覇西高校国際人文科で2・00倍。次いで沖縄工業高校生活情報科1・60倍、那覇工業高校電気科情報技術コース1・54倍。同校電気科電気技術コースと前原高校普通科総合スポーツコースは1・40倍だった。

 2次募集の面接日は22~24日で各校が設定。合格者は27日午前9時から、各校で発表される。