沖縄県内の多くの公立小中学校で24日、修了式があった。児童生徒は、25日から約2週間の春休みに入る。

よい子のあゆみを真剣にみつめる生徒=24日午前、那覇市長田・上間小学校

 那覇市立上間小学校(元野公雄校長)では、約580人の子どもたちが式典に出席し、全員で声高らかに校歌を歌った。その後各クラスに戻り、担任の先生から「よい子のあゆみ」を手渡された。

 2年の岸本明也君(8)は「前学期の○が◎になった」と両手でガッツポーズ。「3年生では水泳や書き方教室など習いことを頑張りたい」と意気込んだ。

 2年の小波本知乃さんは「春休みはいとこの家に泊まる予定。いろいろな場所へ遊びに行きたい」と笑顔をみせた。