米フェルミ国立加速噐研究所上席研究員で、沖縄科学技術大学院大学の設置検討委員会の顧問などを務めた葉(よう)恭平(きょうへい)氏が24日、沖縄タイムス社の取材に応じ、世界の再生可能エネルギーを取り巻く環境の変化、沖縄の可能性などを説いた。