沖縄戦については日本史の全8冊をはじめ、一部の世界史や政治・経済、道徳が取り上げた。「集団自決」に関しては日本史6冊に記述があり、いずれも軍の関与が分かる表現だった。現行本の記述がほぼ踏襲されている。