「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」は25日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で「違法な埋め立て工事の即時中止・辺野古新基地建設断念を求める県民集会」を開いた。翁長雄志知事が就任して初めて辺野古の現地で開かれる集会に参加し、数千人の参加者とともに新基地を阻止する決意を表明する。

 翁長知事の埋め立て承認取り消しを巡る県と国の「辺野古違法確認訴訟」で県が敗訴し、国は辺野古の海上で作業を再開した。一方で、翁長知事は埋め立て承認は数ある知事権限のうちの1つとして、別の手法での建設阻止の姿勢を崩していない。

 オール沖縄会議は工事再開後に初となる数千人規模の集会を開くことで「辺野古反対」を内外に示そうと計画。知事が就任して初めて現地で県民と結集することで、民意を日米両政府に突きつけた。

 新基地建設問題を担当する県の政策調整監に4月1日に就任予定の吉田勝廣氏やオール沖縄会議共同代表の呉屋守將氏、稲嶺進名護市長、県選出の野党国会議員らが登壇する。