石垣、竹富、与那国の1市2町と各観光協会などでつくる八重山ビジターズビューロー(YVB、会長・中山義隆石垣市長)が3月中にも、経営的な視点で地域観光を担う国認定の法人「DMO」(デスティネーション・マネジメント・オーガナイゼイション)として県内で初登録される見通しであることが、25日までに分かった。