沖縄県名護市の県立北部病院と北部地区医師会病院を統合・再編した基幹病院の整備について、翁長雄志知事は27日、統合に向けた課題を検討しながら年内に県方針を決定すると明言した。同日、県庁を訪れた北部地域基幹病院整備推進会議(会長・高良文雄本部町長)の要請に対し、「必ず北部の皆さま方の思いが遂げられるように頑張っていきたい。どんなに遅くても今年いっぱいにこの問題に決着を付けたい」と述べた。

翁長雄志知事(右)に決議文を手渡す稲嶺進名護市長=27日、沖縄県庁

 同推進会議や北部地区の町村長、議員、女性代表ら47人は24日に、名護市内であった基幹病院整備を求める住民総決起大会の決議文と11万1039筆の署名を携え、県庁に翁長知事を訪問した。

 体調不良のため欠席した高良会長に代わり、同推進会議副会長の稲嶺進名護市長は「やんばるの地域医療を守り、拡大・発展させていかないといけない。思いを受け止めてほしい」と強調。北部地区への500病床の機能集約病院や、ドクターヘリ機能を有する救急救命病院など7項目を求める決議文を読み上げた。